『全国鯉釣り協会』東日本ブロックからのお知らせ

 このページは、全国鯉釣り協会(略称、全鯉協)東日本ブロックから、『全国鯉釣り協会』会報の利用許諾(2次的創作・利用の黙示の許諾を含む)を受け、その他に管理人独自の取材情報を基にして作成しています。


鯉釣りファンの皆様へのお知らせ

2021年秋季 全国鯉釣り潮来大会 中止のご連絡


 2021年10月15日〜17日に予定していた秋季大会を中止します。

 立秋とは名ばかりで猛暑が続いておりますが、皆様におかれましてはますますご健勝の
こととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、心から感謝いたしております。

 さて、早速ながら、「2021年秋季 全国鯉釣り潮来大会」の中止をご連絡いたします。

 2020年2月3日に乗客の「新型コロナ感染」が確認されたクルーズ船が横浜港に入港して以来、
同年4月7日には第1回目の「緊急事態宣言」が出され、同年4月の春季大会は中止と決定しました。
 その後も、「緊急事態宣言」「まん延防止等重点措置」が繰り返し発令され、同年10月の
秋季大会の中止に続き2021年春季大会も中止としました。
 今年の春以降、ワクチン接種が始まり2回接種完了者が、65歳以上の高齢者で80.0%、
広域接種を含めた全体で32.7%(令和3年8月6日公表)に至っていますが、
それでも現在は爆発的な感染が続き、東京都は4度目の緊急事態宣言下にあります。
   緊急事態宣言     沖縄県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府
   まん延防止等重点措置 北海道、石川県、京都府、兵庫県、福岡県、福島県、茨城県、
              栃木県、群馬県、静岡県、愛知県、滋賀県、熊本県
 このように、全国的には終息への道が遠い状況と判断し、全国鯉釣り協会東日本ブロックの三役会で
「参加の皆様をはじめ、関係各位の安全を考慮し秋季大会は中止が妥当」と苦渋の選択・決議をしました。

大会へのご参加、並びにご後援・協賛・協力を予定しておりました皆様には残念なお知らせに
なってしまったことを心よりお詫び申し上げます。
何卒、ご理解と今後のご協力を賜りますようお願い申し上げます。

時節柄、ご自愛のほどお祈り申し上げます。
まずは略儀ながらお知らせいたします。

     2022年春季大会には、元気にお会いしましょう!

                                    2021年8月8日
                                        全国鯉釣り協会
                                         東日本ブロック
                                          会長 水田 敏信


協会員の皆様への連絡・周知事項

1.釣果記録申請制限期間に関しての周知のお願い

2021年 新型コロナ渦での鯉釣りに関して

  2021年のコロナ渦における釣果記録申請制限期間を、持ち回り三役会で新たに次のように決議
 しましたのでお知らせします。
 ご理解とご協力を賜りますよう、お願いします。
 また、各倶楽部内への周知をお願いいたします。

  【 三役会決議事項 】
    政府からの『緊急事態宣言』『まん延防止等重点措置』発令中においては、
   次の釣果記録申請は対象外とする。
      1) 対象区域内に居住する釣り人が、都道府県をまたいで移動しての釣果記録申請
      2) 居住地が対象区域以外の者が、対象区域に移動しての釣果記録申請
   なお、『緊急事態宣言』が発令されている都道府県及び『まん延防止等重点措置』により
   都道府県の知事が市区町村など特定の地域を指定した際のその都道府県全域を「対象区域」とする。

    以上は、2021年1月1日に遡って適用する。

  注 ここで、居住地とは、当協会名簿に登録した住所とし、住所変更の際は各会を通して
    事務局に届出をお願いします。

※ 2021年9月13日現在 ※
制限期間
※ 自治体ごとに規制(自粛要請・お願い含む)が異なることがあります。     
  居住地並びに釣行先自治体の規制に則り、各自の責任で配慮をお願いいたします。

  注 新たな三役会決議に至った経緯
    『緊急事態宣言』は、都道府県単位で発令されるものの、『まん延防止等重点措置』は、政府が対象とした
    都道府県の知事が、市区町村など特定の地域を限定し、より限定的・集中的な措置です。
     しかし、まん延防止等重点措置をめぐり、隣接する対象の武蔵野市と対象外の三鷹市は、JR中央線三鷹駅を境に
    南北で分かれ、対象外の南側では人出が目立つなど、対象区域の線引きの難しさが浮き彫りとなっている。
    同様の問題はJR総武線津田沼駅(船橋市・習志野市)などでも発生した。出典:Wikipedia
    これに類似することは、2021年の釣果申請でも起きることが想定されます。
       ・釣り人が居住する市区町村のまん延防止等重点措置期間を調べ
       ・釣り場がある市区町村のまん延防止等重点措置期間を調べ
       その両方が規制対象期間外かどうかの確認をしなければならない。
       それには、釣り場の市区町村名を記載した申請が必要となるが、釣り場の詳細を記載しない方が散見されている。
       このような状態での管理は、現在の申請・審査のシステムでは正確性に欠ける。
    よって、『まん延防止等重点措置』が発令された市区町村がある都道府県全体を対象区域として管理することを決議。

【 Yahoo!で概要を知るには 】
   ここをクリックしてください。

【 内閣官房の公式サイトを見るには 】
   ここをクリックしてください。

なお、NHK特設サイト「新型コロナウイルス」で、2020年1月6日以降の時系列ニュースが確認できます。
    https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/chronology/

2.第13回倶楽部対抗鯉釣り大会(MCFC)は 中止に決定

 緊急事態宣言が発令され、まん延防止等重点措置も発令が続く中、6月に計画していた
「第13回倶楽部対抗鯉釣り大会(MCFC)」を、秋に変更し開催することで検討してきましたが
現在の東日本の状況を参酌し、2021年MCFC大会は中止と決定しました。
各倶楽部内に連絡・周知をお願いいたします。
                              理事長 永井 正行


〇 2020年10月16日(金)〜18日(日) 全国鯉釣り協会東日本ブロック 第12回倶楽部対抗釣行会『MCFC2020』

優勝

釣行区域  水郷地域一帯
         検量所:鰐川 大船津/一之鳥居(朱色大鳥居)付近

団体 優 勝:野州鯉天狗 1名参加(2名参加と見做す) 割出ポイント:46.0
       永井正行氏:92p

個人 大物賞:永井正行氏:92p

 ※ 大会の詳細は ここをクリッして ご覧ください。



【 釣果記録申請書が一部変わりました 】

 2021年から釣果記録申請書の書式が一部変わりました。
左サイドメニューの「指定書式」から【釣果記録申請書Rev.4.1】を入手願います。


【お知らせ 1】

※ 茨城県内での鯉釣りのマナー&ルールを掲載しました。

●「茨城県ダム湖釣りマナー
   茨城県土木部河川課ダム砂防室ダム管理Gご担当様からのお願いです。

●霞ヶ浦北浦水域における「天然コイの持ち出しについて
   茨城県霞ヶ浦北浦水産事務所振興課のご担当様からの見解です。



 ※ 2012年10月20日に永眠しました「名誉会員/坂入一敏」の『坂入会長を偲ぶ会』の様子はここからご覧いただけます。

 ※ 2020年7月12日に永眠しました「顧問/都築晴海」の『ご逝去』に関することは、ここからご覧いただけます。


HOMEへ戻る



『全国鯉釣り協会東日本ブロック』のPRを目的とする範囲で、東日本ブロックより会報利用による掲載の承諾を受けています)。
 なお、協会会報の掲載に際しては、翻案/改変せずに掲載することを基本としていますが、レイアウト上からの段落などの改変等がある場合もあります。
この点は、『全国鯉釣り協会東日本ブロック』のPRを目的とする範囲で著作権(財産権)、二次的著作物の創作・利用に関しても黙示の許諾を受けていると判断し行っているものです。