『全国鯉釣り協会』東日本ブロックの紹介

 このページは、全国鯉釣り協会(略称、全鯉協)東日本ブロックから、『全国鯉釣り協会』会報の利用許諾(2次的創作・利用の黙示の許諾を含む)を受けて作成しております。
 その他に、管理人及びその協力者の取材情報を基にした部分もあることをご承知おきください。


本ページは 2018年以降の活動紹介です。


いろいろ

【 最新情報 】  【 2018年活動 】


※※ ここに掲載した情報は、ダイジェスト版です ※※
※※ 詳細は別途各紹介ページでご覧ください ※※

【2018年活動】

【 最新情報 】

〇 2018年6月15日(金)〜17日(日) 全鯉協東日本ブロック 2018年クラブ対抗鯉釣り大会(第10回МCFC)

主 催 :全国鯉釣り協会/東日本ブロック
開催期間:2018年6月15日(金)PM6時〜17日(日)13時
     検 量 時間 12:00〜 13:00
         場所 白浜大橋
開催場所:水郷全域
参加資格:東日本ブロック加盟倶楽部
大会規定:対象魚:80センチ以上の鯉に限る。
    エントリー基準 1クラブ2名以上とする。
      ※ 1名しか参加できない場合には、2名でカウントする。
    80p以上の鯉を対象魚とし、80p=80ポイントとし、1cm1ポイントで加算する(83p=83ポイント)。
    クラブの総合ポイントを参加人数で割り出した「1クラブのポイント数」で順位を決定する。
    表 彰  団体:優勝〜3位
          個人:大物賞、大漁賞、メーター賞

川崎鯉路会 小林幸司  釣り人は、川崎鯉路会の小林幸司氏です。

団体の部優勝:川崎鯉路会 割出ポイントは27Pです。

 大会の詳細は ここをクリッして ご覧ください。


〇 2018年4月27日(金)〜29日(日) 全国鯉釣り協会東日本ブロック 2018年春季大会



 大会の上位入賞者は下記のとおりです。大会の詳細は ここをクリッして ご覧ください。

【鯉部門】
順位氏 名団 体写真魚種cmKgエサ釣り場月/日時間
優勝小野 二三男大物道場
  ※代理受賞
88.57.15タニシ鰐川/大船津4/2721:00
2鈴木 康博FC跳龍門85.06.95タニシ北浦/大船津4/2818:00
3廣瀬 武雄大物道場84.07.50タニシ霞ヶ浦/永山4/289:00

【草魚部門】
順位氏名団体写真釣 果cmKgエサ釣り場月/日時間
優勝鳥養 考由川崎鯉路会草魚112.016.50北浦/安塚4/292:00

〇 2018年2月3日(土) 平成30年 全国鯉釣り協会東日本ブロック総会開催


                                      潮来ホテル会議室

 ※ 詳細は、ここをクリッして ご覧ください。

潮来ホテル 第1部 東日本ブロック年間大物申請等審査
 ・大物賞部門
   鯉 :森田 善博(金鯉同心会)
      104cm 17.1kg 茨城県/涸沼
   青魚:清水 博人(関東駒城同志会)
      157cm 60.0kg 茨城県/砂沼・南側
   連魚:鳥養 考由(川崎鯉路会)
      104cm  −  茨城県/北浦・鹿行
   草魚:規定サイズの釣果申請無し
 ・地元自慢部門(鯉のみ)
   東京都 鳥養 考由(川崎鯉路会)
      96cm −   多摩川・矢口
   茨城県 郷田 進(金鯉同心会)
      104cm 17.0kg 涸沼
   群馬県 内林 正志(Lake HARUNA F.C)
      98cm 14.0kg 赤城・大沼
 ※ 以上詳細は、2018年会報をご覧ください。

会長挨拶 第2部 総会 (進行役:永井)
 1.開会の辞
 2.会長挨拶
 3.議題(議長選出)
  第1号議案 平成29年度事業報告 水田より6事業の報告。
  第2号議案 平成29年度会計報告 水田より報告があり、承認。
  第3号議案 平成30年度事業計画
  第4号議案 平成30年度役員構成


    退任 理 事:菊池 健一  会計:水田 敏信
    新任 相談役:菊池 健一  会計:岩ア 寿久

      加盟団体数:13 会員数:112名

  第5号議案 春季鯉釣り潮来大会について
  第6号議案 第10回クラブ対抗鯉釣り大会(MCFC)について
  その他、役員からの提案事項
 4.閉会の辞

第3部 大新年会

 水田会長の挨拶の後、山田相談役の「乾杯!」により始まる。
   ※ 詳細は、ここをクリッして ご覧ください。


HOMEへ戻る



『全国鯉釣り協会東日本ブロック』のPRを目的とする範囲で、東日本ブロックより会報利用による掲載の承諾を受けています。
 なお、協会会報の掲載に際しては、翻案/改変せずに掲載することを基本としていますが、レイアウト上からの段落などの改変等がある場合もあります。
この点は、『全国鯉釣り協会東日本ブロック』のPRを目的とする範囲で著作権(財産権)、二次的著作物の創作・利用に関しても黙示の許諾を受けていると判断し行っているものです。